若はげ原因

ひげが濃い人は禿やすいってホント!?

投稿日:

髭が濃い_若はげ

  • ひげが濃い人は男性ホルモンが強く、薄毛になる可能性が高いという
  • ただし、あくまでも確率の問題で、ひげが薄くても頭が禿げてしまう人もいる
  • 男性ホルモンの分泌は遺伝によってある程度決まるため、改善は難しいそう

髭が濃い人は男性ホルモンが強く薄毛になる可能性が高いのです

髭が濃い人はハゲやすいって本当?

これは必ずしも一致しているわけではありませんが、その確率は高いといえるでしょう。
なぜなら、そういった体毛が濃い方は男性ホルモンの分泌がそれだけ強いと言えます。
男性ホルモンの分泌が強いと頭部に関しては、薄毛の傾向が強まります。

男性ホルモンが強いのなら、それだけ頭も濃くなりそうな印象ですね。
しかし、男性ホルモンだけでなく、頭部には還元酵素の5aリダクターゼという物質が存在します。この物質と男性ホルモンの相性が非常に悪いのです!

この2つが重なり合うと、ジヒドロテストステロンと呼ばれる悪性の男性ホルモンへと変化してしまいます。
これがハゲになってしまう最大の要因です。
つまり、男性ホルモン自体はハゲてしまうわけではないのですが、他の物質と混ざり合って薄毛になってしまう可能性が頭部は非常に高いということが挙げられます。

逆にいうと男性ホルモンの分泌が少なく、体毛が薄い人は、それだけ5aリダクターゼと結びつく可能性が低くなるので、薄毛になりにくいと言えます。

髭が薄い人はハゲにくい?

上記でも少し触れましたが、髭が濃い人に比べれば、髭が薄い人の方が禿げにくい傾向にあると言えます。
しかしこれはあくまでも確率の問題で、髭が薄くても頭が禿げてしまう人は世の中にたくさんいます。
男性ホルモンの分泌が遺伝によってある程度決まってしまいますから、なかなか改善が難しいのが現状です。

薄毛の対処法

ただそれでも多少効果のある対処法があります。
それは還元酵素の5aリダクターゼを食い止めること!
現在販売されている育毛剤は男性ホルモンを抑制するというよりも、還元酵素の5aリダクターゼを阻害することを目的としたものばかりです。

例えば、ミノキシジルやフィナステリドと呼ばれる成分が配合された内服薬や育毛剤を使用すれば、男性ホルモンと5aリダクターゼを結びつかなくなる作用を与えるといわれています。
あくまでも抑制する作用があるというだけで、完全に阻害できるわけではなく、使用していても薄毛が改善されなかったということもあるので、100%の治療方法ではありません。

もし自分が髭が濃くて、今後薄毛になってしまうのかなという不安な方は、ミノキシジルが配合された育毛剤を使って早期治療を行うことが薄毛予防につながるといえるでしょう。

 

当サイトお勧めの育毛剤はこちら

満足度が高い最も期待できる育毛剤。

240万本突破!820円から始める発毛促進剤「薬用グローリン・ギガ」

グローリン・ギガは販売実績ダブルミリオン突破で しかも驚きのリピート率93%、発毛促進する薬用育毛剤です。

定期コースであれば820円+送料と格安でご提供しているため、 育毛剤業界では破格ではないでしょうか。 安いだけではなく効果も! 8つの効果効能を(薄毛・ふけ・かゆみ・病後の脱毛・養毛・育毛・脱毛予防・発毛促進)と 2つの薬用成分で気になる部分にグングン浸透し、1本1本にアプローチ! ピンポイントに発毛促進を致します。

-若はげ原因
-,

Copyright© 【若はげ完全解決!!!】若はげだった僕が仲間に紹介したい改善方法と対策 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.